放課後等デイサービス

ホーム > 放課後等デイサービス

放課後等デイサービス

放課後等デイサービスとは?

学童と異なり、障害のあるお子さんや発達に特性のあるお子さん(おもに6歳~18歳の就学児童・生徒(小学生・中学生・高校生)、医師の診断書がある児童))が、学校の授業終了後や長期休暇中などに療育目的で通う施設です。
ひとりひとりに合わせた個別支援計画を作成し、集団生活や社会性を身につけるための支援を行っていきます。
保護者(ご家族)と連携しお子様の成長、発達をサポートしていきます。

遊育について

遊育とは将来の生活に必要なコミュニケーション能力や身体能力、創造力など「生きる力」を”遊び”の中で身につけてもらい、健全な人間を育てることです。
「遊び」でからだを動かし運動することにより、身体能力を高め、「遊び」の中でルールを理解し、応用し、工夫する事を覚えます。
そして、大勢の仲間と遊ぶ事で、協調性や思いやり、人とのつながりの大事さを学びます。
弊社、放課後等デイサービス「アイナ」ではこの遊育を取り入れ、子どもたちの成長のお手伝いをさせて頂いております。
遊育の様子はブログにてご覧いただけます。
放課後等デイサービス aina(アイナ)のブログはコチラ

対象者

  • 一定の支援が必要な身体障害、精神障害、発達障害、知的障害等の障害をお持ちの方

    ◇身体障害(難聴・盲・マヒ等による肢体不自由・内部障がいなど)

    ◇知的障害(知的障害など)

    ◇精神障害 (統合失調症、うつ病、躁鬱病(双極性障害)、気分障害、不安障害、適応障害、強迫性障害、てんかんの方など)

    ◇発達障害(アスペルガー症候群、自閉症、ADHD(注意欠如・多動性障がい)、学習障がいなど)

  • 原則として6歳から18歳までの就学児童で、障害手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳などの手帳を所持する児童。
    または、発達の特性について医師の診断書(放課後デイサービスの必要性が認めれ、受給者証が発行)がある児童。

サービス内容

◆暮らす力
ビジネスマナー
日常生活に必要な動作訓練・集団生活をするための訓練を行います。
◆遊育
就労SST
遊びを通じ、創作活動、学習支援などを行います。
◆食育
資格・知識の習得
自分たちで野菜を作ったり、様々な経験を通じ生きる力(食べる事)を学んでいきます。

1日のスケジュール

(平日)

時間活動内容
学校終了時順次受入れ 手洗い、うがい、出席確認、健康チェック・宿題・遊育(ブログ参照
16:30おやつ・帰り支度
17:00送り・お迎えを待つ
18:00受け入れ終了

(土曜日・春休み・夏休み・冬休み・振替休日)

時間活動内容
8:30受入れ
8:45お迎え開始
10:00 はじまりの会(朝の会)
・あいさつ
・スケジュール確認
10:30宿題・個別プログラム・遊育(ブログ参照
12:00昼食
13:00 ・個別プログラム
・遊育(ブログ参照)
15:00おやつ 自由時間
16:00帰りの会 送迎 迎えを待つ
16:30自由タイム(迎えを待つ)
送り
17:30受入れ終了

利用料について

利用料は、所得に応じて異なりますので、概算が知りたいなど詳しくは、スタッフにお訪ね下さい。
絆サポートセンターページトップ